解雇・退職問題

解雇

「解雇をした従業員から突然訴えられてしまった」
「全く仕事をしない社員を辞めさせたいが、どのようにして辞めさせればいいかがわからない」
「労働基準監督署から突然連絡が入り、警告を受けてしまった」

解雇とは、使用者による労働者との労働契約の解消のことですが、原則として、労働者を解雇するのは非常にハードルが高いというのが現実です。仕事があまりにできない社員や勤務態度が極端に悪い社員であっても、簡単に解雇をすることはできません。安易に解雇をしてしまうと、従業員から訴えられ、多額の賠償金を請求されたり、会社の内部情報を労働基準監督署に通報され、最悪の場合、企業活動に支障が出るおそれすらあります。

解雇には、客観的合理性と社会通念上の相当性が必要とされていますが、そのうちの客観的で合理的な理由とは、下記のようなものです。
・傷病により労務を提供できないこと
・勤務態度の不良により、会社の指示に従って労務を提供できないこと
・経歴を詐称して労働契約を結んでいた場合 etc…

いきなり解雇をしてしまうのではなく、問題のある社員に対しては、まずは、配置換えや教育などのしかるべき対応をする必要があります。それらの策を講じてもなお問題が解決しない場合に初めて、解雇が認められることになります。

弁護士に相談・依頼をすることで、解雇理由に客観的合理性が認められるか、手続に正当性があるか、社会的相当性があるか、すなわち、解雇の有効性についてアドバイスをすることができます。また、解雇をした従業員から後日訴えられないために、労働環境を整えておくことができます。万が一訴えられてしまった場合にも、労働法に関する専門的な知識からしかべき対応が可能です。

当事務所では初回相談は1時間まで無料としておりますので、お気軽にご相談ください。

関連ページはこちら

  • メールでのご相談はこちら